理不尽にすぐ怒る上司の攻撃をかわす技7連発

コラム

理不尽にすぐ怒る上司っていますよね。

僕も今までたくさんのすぐ怒る上司と関わってきました。

すぐ怒る人といるとこっちも迷惑ですし、

怒られたことに自分も怒って負の連鎖です。

 

自分ではなくても、他人が怒られてるのを見るのも嫌です。

 

そんなすぐ怒る上司によくあるのは怒ったあと、

その怒ったことを忘れていることです。

こっちはまだ煮えきっていなにのにケロッとして話しかけてくる。

あれには腹がたちましたね。

 

ごもっともなことで怒られるのは仕方ないです。

怒る方も労力がいるので、

自分のためを思って怒ってくれたパターンは

冷静になれば感謝することができます。

 

しかし理不尽なことで怒れらた場合、

自分の中でどれだけ考えても納得できない時があります。

 

理不尽な理由で怒られた続けた場合、

その怒りを上手くかわしていかないとストレスが溜まって溜まって

精神的にやらてしまいます

 

僕の場合はある程度のストレスをサウナで発散できるのですが、

そんな僕でも理不尽な理由で怒られ続けたら

サウナだけでは発散できなくなってしまいます。

サウナのメリットは健康や美容に良いだけではない!サウナの効果を全てまとめてみた!

そこで僕は自分の身を守るために、『すぐ怒る上司の攻撃をかわす技』を何個か編み出しました。

 

理不尽に怒ってくる人にストレスを抱えてる方は参考にしてみてください。

 

大前提に!自分に非がない!

まず大前提に本当に自分に非がないのか?というのがポイントです。
  • どう考えても悪くない人を理不尽に怒っているのをよく目撃している。
  • どう考えて自分には全く非がない、なのに理不尽に怒ってくる。
  • こっちの話を聞かないで一方的に怒ってくる。

 

実際自分に非があって自分の事を考えて怒ってくれている上司に、

下記で紹介する『怒る上司をかわす技』を使ったら非常に失礼です。

きちっと自分に非がないのか?を考えた上で、

どう考えても理不尽に怒ってくる人にのみ、この技を使ってください。

 

理不尽にすぐ怒る上司・・・あの人はどうして怒ってるのか?

あの人はなぜそんなにすぐ怒るんだろう?と考えたら意外としょうもない理由の場合が多いです。

  • 生活環境が悪い
  • ギャンブルで負けた
  • 家庭が上手く行っていない
  • 親に甘やかされて育った
  • 欲求不満になっている
  • お腹が空いている
  • 体調不良
  • 寝不足
  • さらに上の人に追い込まれている

など、そこには自分とは全く関係ないことが絡んでいます。

実際に怒られてる理由を考えても理不尽なので意味がわかりません。

でもその人がどうしてそんなにイライラしているのかを考えると、

怒られたというより、ただあたられているだけの場合がほとんでです。

 

なので、あの人どうして怒ってるのかな?って考える事になんの意味もない!

上記で述べた通り、理不尽にすぐ怒る上司の怒ってる内容に深い意味はないです。何も考えてないから理不尽に怒れるのです。

  • 怒られている理由を考えない
  • 無視する
  • 右から左に受け流す

というのが手っ取り早い方法ですが、

実際怒られてる場面に立てば腹たちますよね。

そんな時に技を使うのです。

技その1 役者になりきろう

 

理不尽に上司が怒ってきたら撮影開始です。

ここは職場ではなくて撮影現場です。

照明が当てられ、自分が役者になりきる出番が回ってきました。

 

「おっきたー怒ってるぞー!よし、ちゃんと聞いてる顔を作って」

「すいませんでしたー」

「もう一度僕にチャンスをください!」

怒られてる人の役を演じる役者ごっこをしましょう。

あたかも自分がドラマの一場面に登場したかのような見事な怒られっぷりを披露する練習をするのです。

 

役者なので多少オーバーに演技してください。上司を気持ちよく怒らせるのが仕事です。

 

技その2 理不尽にすぐ怒る上司を観察する

 

『役者にはなれない』『表舞台に立ちたくない』

そんな場合は、理不尽に上司が怒ってきたら

「すませんでした。」と謝りながら、

その怒ってる人を観察してみてください。

 

冷静に観察してみると、その人が自分の理性をコントロール出来ずにテンパっている様子が見えてきます。

 

それはまるで生まれたての赤ん坊みたいです。

理不尽にすぐ怒る上司は、よく観察すると赤ん坊だったのです。

赤ん坊のすることにこっちもムキになっても意味がないです。

よしよしと心の中であやしてあげましょう。

 

怒られてる最中に実際によしよしと言ったらさらに怒ってくるので注意してください。

 

技その3 すべらない話にかえる

 

怒っている上司の話を聞きながらそれを、すべらない話に変えていきます。

理不尽に怒ってくる上司というのは他人から見れば、

面白い話のネタになります。

 

怒られながら、

この状況をどう友達に話せば面白い話になるかな?と構成を考えてみる。

誰かが怒られているの時も、隣で聞きながら、面白い話になるように構成を考えてみる。

そうすると絶好のネタ作りが出来るので、怒られることに価値が出てきます。

 

できたばかりの『理不尽な上司に怒られたすべらない話』

を早く友達に言いたくなります。

 

理不尽にすぐ怒る上司はすべらない話の材料に最適です。

 

あまりに理不尽で面白い話でも、怒られてる最中に笑わないで下さい。

 

技その4 酔っ払ってるんだと思う

理不尽にすぐ怒ってくる上司はどう考えても様子がおかしいです。

そんな時はこの人酔っ払ってるんだと思えば少しは許せます。

 

まるで酔ってるみたいだな?と思って調べてみたら、

実際に職場で酒を飲んで怒っていた場合は

さらに上の上司や社長、弁護士に相談しましょう!

 

もう一杯いががですか?と実際のお酒を用意しないで下さい。あなたが処分されます。

技その5 発作だと思う

 

上司が理不尽に怒り始めたら発作が始まったと思うという技もあります。

理不尽に怒ってしまう病気なので、そんなに顔を赤くして興奮して大丈夫かな?って心配してあげてください。

だだこの発作に効く薬を持ち合わせていないので、

怒られてあげるという看病をしてあげて下さい。

 

あまりに激しく怒ってきても救急車は呼ばないで下さい。

技その6 怒られることが気持ちいい

 

怒れることが嫌なことだと思っているからストレスが溜まるのです。

怒られることが気持ちいいと自己暗示をかけて、怒ってもらえることに快感を覚えると無敵です。

 

実際に怒られている場面で喜んでいたら変なヤツと思われるので、表情には出さないで下さい

 

技その7 長所を見つけて寄り添う

 

一番難しいですが、

理不尽にすぐ怒る上司に寄り添うのがベストな方法です。

 

根本的な解決につながります。

 

理不尽にすぐ怒る上司にも探せば1つや2ついいところがあるはずです。

その長所を見つけてそこだけを見てあげる

 

短所ばかりを見ていても嫌いになる一方です。

いいところを見つけてそこばかり見てあげてください。

 

そしてその上司に気に入られるように寄り添っていきましょう。

雑な言い方をすればコビを売るってことです。

 

実際に気に入られたら、その上司は怒らなくなるかもしれません。

 

まとめ:自分の使いやすい技を身につけよう

理不尽に怒られると誰でもイライラします。

しかしそれでは、自分が損をしているだけです。

 

同じ土俵に立たないで、気にしない技を身につければどんな職場に行っても役に立つはずです。

 

今回紹介した技から使えそうなものを使ってみたり、

自分なりの上手くかわす技を身に付けて、

理不尽にすぐ怒る上司の攻撃から身を守りましょう。

出世したり、人として成長したいのであれば『技その7』がおすすめです。

 

最後まで見て頂いてありがとうございます。

コメント