タイのインスタントラーメンMAMAが劇的においしい!作り方もご紹介!

おすすめ紹介

 

日本には様々なインスタントラーメンが溢れているので、なかなか海外のインスタントラーメンを食べることはないとは思いますが、食べてみるとこれがおいしいです。

 

その中でも世界的に見てかなりレベルの高いインスタントラーメンを発見したのでご紹介します。

 

タイのインスタントラーメンMAMAが劇的においしい!作り方もご紹介!

 

 

今回ご紹介するのがこちらのタイのインスタントラーメンMAMAです。

 

日本ではあまり馴染みのないMAMAですが、タイでは誰もが知っている超有名なインスタントラーメンです。

 

これが劇的においしいんです。是非一度食べていただきたい!

 

日本でいうチキンラーメン的なポジションですね。

 

作り方も日本のインスタントラーメンと同じで超簡単ですので合わせてご紹介します。

 

タイのインスタントラーメンMAMAをおすすめする3つの理由

 

なぜMAMAのインスタントラーメンを劇的におすすめするかというとですね、余裕で他のインスタントラーメンに勝っている要素があるからです。ただおいしいだけじゃないんです。

 

その要素がこちらです。

 

  • 劇的に安い
  • 安いのに粉末スープが3種類
  • もちろんおいしい

 

劇的に安い

 

現地では、40円もしないぐらいの値段で手に入ります。僕はカナダ見つけたのですが、カナダでも40円ぐらいでした。

 

いくらインスタントラーメンと言えどこの値段は安すぎです。どうせ安いだけあって美味しくないんだろうなと思って買ってみたのですが、食べてビックリですよ!

 

安いのに粉末スープが3種類

 

 

粉末スープが3種類も入ってるんです。高級なインスタントラーメンなみのこだわりを出しています。

 

一つが全体の味を表現する粉末スープ、もう一つがコクをだす油の液体スープ、最後に辛みフレーバーと「安いのにここまでするか!」と驚きました。

 

もちろんおいしい

 

もちろん美味しいです。「この値段でこの味かよ!」MAMAすげーなって思いました。

詳しい味の感想は下記でどうぞ!

 

MAMAの作り方をご紹介

 

日本のインスタントラーメンと同じですごく簡単ですが一応ご紹介します。

 

作り方は2種類あって1つは

 

 

  • 麺と粉末スープを丼に入れる
  • お湯を350ml注ぐ
  • 丼にフタをして3分待つ

とチキンラーメン方式でスーパー簡単に作る方法です。

 

もう一つは

鍋に350mlのお湯を沸騰させて麺を3分茹でます。

 

 

丼に備え付けの粉末スープを入れます。

 

 

茹でた麺とお湯を注いだら完成です。と2種類の作り方があります。

 

どちらの作り方も超簡単ですが、他の具材を入れて楽しみたい場合は鍋で煮込んだ方が良さそうです。

 

 

鍋で煮込んだ方が美味しそうに感じますよね。

 

タイのインスタントラーメンMAMAはどんな味?

 

麺は細麺のちぢれ麺です。するするいけるタイプです。

 

味は日本のインスタントラーメンでは味わうことのできない。独特の味付けですが、これがまた新鮮で美味しいです。

 

タイの風味を感じますが、クセがなく誰でもおいしいと感じる味付けになっています。

 

粉末スープと液体スープがあってインスタントラーメンなのに味に深みがあるのも特徴です。

 

少し量が少ないのですが、これがまた次食べたくなるいいバランスです。

 

今回僕が食べたのはチキン味ですが、トムヤム味もおいしいですし、ポーク味もおいしいです。

 

全部おいしいのでどれを食べても失敗はないです。それぞれを食べ比べてみるのも面白いですよ。

 

お土産で買うのが一番おすすめかな!

 

タイのインスタントラーメンMAMAは通販で日本でも手に入りますが、通販ですと日本のインスタントラーメンと変わらない値段かそれ以上になってしまう可能性があります。

 

なのでわざわざ通販で仕入れたらそこまで感動はないかもしれません。ごめんなさい!

 

 

ただ「これが現地で40円の味かー」と思いながら食べたら楽しめます。

また日本のインスタントラーメンと味の違いを楽しみたい、他国のインスタントラーメンに興味がある人は買ってみても面白いかもしれないですね。

 

1番のおすすめはタイに旅行に行った時にお土産で買って帰るのがいいかなと思います。みんな喜ぶと思いますよ。

 

何より安いので本命のお土産におまけで付けてあげると最強です!

 

興味のある人は是非、タイのインスタントラーメンMAMAを試してみて下さい。

 

 

コメント