30代独身男性の恋愛観とは?

恋愛

どうもタクパカです。

 

時が経つのは早いもので、僕も30代半ばになりつつあります。

 

本当に時間が過ぎるのは早いです。

そしてその時間とともに恋愛に対する考え方も変化してきました。

 

 

今回は34歳独身男性のタクパカが感じている恋愛観をご紹介します。

 

30代の男性に恋をしている人に参考になればありがたいですし、

「それわかるー」って30代の独身男性の人がいれば飲み屋で語りたいですね!

 

 

ぶっちゃけいくつになっても、恋愛観は人それぞれですので今回は完全なるタクパカの主観であります。

 

中途半端な恋愛は避けたい

 

 

一番はこれです。もう中途半端な恋愛はしたくないです!

 

恋愛観は人10代→20代→30代と年齢を重ねるごとに確実に変化してきました。

 

30代になっても10代の頃のようにトキメク恋愛をするのは理想ですが、それがなかなか難しくなってきたんです。

 

なので一瞬のトキメキでもあればそれを逃さないように掴まないといけません。

 

とりあえず付き合うみたいな感覚で交際スタートみたいなお試し恋愛をしているうちに本当のトキメキが逃げてしまうかもしれない。

 

そう考えると、まだまだ人生長いですが、中途半端な恋愛で時間を無駄にしたくないです。

 

仕事も忙しくなってきますし、時間もない。体力も少しづつ減ってきているが温もりは欲しい。

 

そんな日々に追われ鈍くなった恋愛感覚の中、微かなトキメキを探しています。

 

そして、そのトキメキを見つけた時は、全てのエネルギーを注いで全力の恋愛をしたいのが30代の独身男性のかけらタクパカです。

 

恋愛対象の幅が広がった

 

 

10代や20代の頃は細かい自分の好きなタイプのが設定されていましたが、30代になってからそれがなくなりました。

 

恋愛対象の女性の年齢も下は20代から上は40代までの見事な幅の広がりように自分でも驚いています。

 

しかし、さすがに未成年や50代になると厳しいですかね。

 

あと20代前半でも10歳以上歳が離れているので話が合わないかもと不安にはなります。

 

ベストは20代後半の女性ですが、それはあくまで理想の話で恋愛対象の年齢の幅はとにかく広がりまくりです。

 

あと見た目のタイプも広がってきています。

 

よくおじさんたちが、ストライクゾーンが広くなったと言っていましたが、それが理解できるようになってしまいました。

 

むしろストライクゾーンがない。投げてくれたら全てがストライクだ!なんて言ってる人もいました。

 

さすがに僕はその境地に達していませんが、どんな女性を見てもこの人のここ可愛いなと魅力を見出せるようになったのは確かです。

 

 

外見より内面が重視になった

 

 

恋愛対象の幅が広がったとはいえ、やはり内面を1番に考えます。

 

20代の頃は可愛かったらそれだけで性格が悪くても全然オッケーでしたが、30代になってからはフィーリンを重視しています。

 

相性の合う女性を好きになるし、一緒にいて楽しい人が理想です。これから長く付き合っていけそうな相手に惹かれます。

 

最初のデートが飲み屋になりがち

 

 

そのフィーリングを確かめるのによく利用するのが飲み屋です。

 

高級なディナーでデートするよりも、赤提灯の居酒屋の方が僕は好きななんですが、女性からすると良い印象ではないですかね。

 

それでも赤提灯の居酒屋に気軽に行ってくれない人は初めからフィーリングが合わないので無理してそのような女性と付き合おうとは思いません。

 

さらに30代を過ぎた辺りからお酒を飲まないと本音で語れなくたりつつあるという弱点もあります。

 

飲み屋で少し酔ってきて初めて20代の頃のようなバカトークが出来る。その勢いで気になる女性を口説くという。と聞こえは悪いですが、30代男性の王道のデートコースです。

 

もちろん、飲み屋で仲良くなった後は他の場所にもデートに行きますよ。

 

まとめ

 

 

30代になると、恋愛というよりどうしても結婚を意識してします。なので、今後長く一緒に入れそうな人や気の合う人が好きになります。

 

何も考えてなかった20代の僕からすると大きな変化です。

 

これが40代になるとさらに変化するんですかね。

 

40代に関しては未知の世界なのでまだわかりませんが、34歳タクパカの恋愛観はこんな感じでした。

 

最後まで見ていただいてありがとうございます。

 

恋愛
スポンサーリンク
タクパカをフォローする
タクパカブログ

コメント