AIによってなくならない仕事を手に入れるには【今後必要な働き方】

コラム

凄まじい科学技術の発展で様々な仕事がAIに変わると予想されています。

 

それがもし本当なら、

この先もなくならない仕事を手にするにはどうすればいいのか考えてみました。

 

AIによってなくならない仕事を手に入れるには【今後必要な働き方】

便利になっていく一方で僕たちの働き方も変わっていきます。

 

10年前に「10年後になくなる仕事があるのか?」と考えていた人は今より少なかったはずです。

 

ましてや20年前に「20年後のなくなる仕事があるのか?」それを考えて行動していた人はもっと少なかったはずです。

 

その20年前に何も考えていなかった人たちも今健全に働いています。

なのでそんなに心配する話ではないと安心していては危険です。

 

現在、技術の進歩は加速していて、便利なサービスが急速に増えていくのと同時に必要のない仕事も急速に増えていくと言われています。

 

このまま何も考えないで仕事をしていれば、技術の進歩に飲み込まれて職を失う可能性も出てきます。

 

それを気にしすぎていては何も出来ないですが、

AIによってなくならない仕事にするためにはどうすればいいのか?深く追求すると現在の仕事のサービスがより良いものになるはずです。

 

AIよりも僕たちの方が優れているところを再確認して、そのスキルを伸ばしていけば絶対に仕事はなくならないと確信しています。

なくなるであろう仕事で有名になのは

ドライバー

自動運転の普及でタクシーやトラックのドライバーが減ると言われてます。自動運転の技術は急速に進化しています。レンタカーもシャアリングエコノミーによって必要なくなるかもしれないと言われています。

パイロット・電車の運転手

事故を防ぐためにも、飛行機の操縦は人ではなくてAIが行うようになると言われています。また電車も全て自動運転になるかもしれません。お台場のゆりかもめはすでに自動運転です。

一般事務

正確なコンピューター技術でミスなくデータを入力することができる。コンピューターなので24時間休まずに作業を続けられる。

単純な作業はAIに奪われる可能性が高いです。

店舗での販売員

インターネット通販の普及によって店舗での販売は減っていくと言われいます。実際に店舗に行って商品を見なくてもバーチャルで買い物ができるようになるとも言われています。

スーパーやコンビニでも暗号通貨で購入できるセルフレジが増えてきています。

コールセンターの受付

データの管理や業務的な受け答えはAIに変わっても問題ないとされています。

スポーツの審判

W杯でもVARが導入されるなど、スポートの世界ではより正確でフェアのな判定が求められています。

スポーツの審判をAIが行うことで誤審がなくなりフェアな試合になると考えられています。

ガソリンスタンドのスタッフ

現在すでにセルフのガソリンスタンドがほとんどで、スタッフによる給油は少なくなってきています。

さらに電気自動車が普及すればガソリンスタンド自体が充電スタンドへと変わっていくとされています。

なくならないであろう仕事で有名なのは

芸術家 デザイナー

独創的なものを作り出す仕事はAIには難しいです。

機会が考えた芸術作品やデザインよりも人の頭で考えられた世界の方が同じ人として感動を覚えます。

そのため漫画家などもなくならないとされています。

カウンセラー

人の感情を感じながら、親身になって受け答えするのはAIには不可能だと言われています。

カウンセラーは時には自分の経験と照らしわせてアドバイスする必要もあります。AIに相談するより、人の悩みは人に相談したいです。

医者

人の命に関わる仕事をAIに任せるのは、自分が患者として考えると嫌な気持ちになります。

患者と医者の関係でのコミュニケーションは人でないと難しいでしょう。

ただ手術での細かい作業など医療の一部をAIに任せることは増えていくのは確実です。

教師

勉強を教えるだけならAIでも大丈夫でしょうが、教師と生徒のような人間関係が大切な仕事はなくなることはないでしょう。

人としての道徳やアドバイスは人から教わりたいものです。

中学校の担任の先生がロボットだったら少し寂しい気持ちになります。

経営者

経営者がAIを扱うことはあっても、AIが経営して人を扱うことはなさそうです。人が喜びそうなサービスを考えたり、臨機応変に会社の経営方針を考えたりするのは人でないと難しそうです。

今後必要な働き方のポイント

今後AIに仕事を奪われないために

  • 臨機応変に柔軟な対応が出来る
  • 楽しませるコミュニケーション能力
  • その人でなければいけない!と言う個性
  • 現在の仕事を一生懸命続ける

この4つのポイントが大切だと思います。

臨機応変に柔軟な対応が出来る

今後ルーティンワークの単純作業はAIによって補われていくと言われています。

しかしそのルーティンワークでも急なトラブルが起きた時にAIだと対応できません。

例えば、ライン作業の工場でも作業の一部は機械に任せることができても、もしその工場で何か起こった場合、柔軟に対応できる人間が必要になります。

トラブルに冷静に対応できる能力はどんな仕事にも役に立ちます。

楽しませるコミュニケーション能力

仕事をしていく上でコミュニケーションは非常に大切なことです。人との繋がりが仕事になります。

AIが販売やレジを出来るようになっても、人を楽しませる営業や接客は人間にしか出来ません。

どれだけAIが発達してもAIと会話するより人と会話している方が絶対に楽しいです。

仕事を達成した時の喜びを分かち会うのも同じ人間同士の方が嬉しいに決まっています。

これからますます仲間とのコミュニケーションやお客様とのコミュニケーションは大切になっていくと思います。

また、元気のない人を励ましたり、応援したり心のケアは人間でしか出来ないことです。AIが言葉を話せても人間の声の温もりは表現できないでしょう。

その人でなければいけない!と言う個性

今後、個性が今より大切になってくるはずです。

極端な例ですが、AIのアーティスの歌より心のこもった歌手の歌が聞きたいですし、AIのお笑いよりも芸人の漫才を見たいです。

AIが料理を作る事が出来たとしても僕は心を込めて作った手料理の方が食べたいです。

そこにはそれぞれの人の個性が詰まっているからです。

この人のサービスだから受けたい。この人の料理が食べたい。この人のおすすめする商品を買いたい。

など、自分の得意分野を伸ばした個性に人間力を加えた魅力が今後ますます必要になってくるんじゃないかと思います。

現在の仕事を一生懸命続ける

これにつきます。

現在仕事をしているのなら、今の仕事に全力で取り組むことが大切です。

また仕事の本質でもある「人の役に立つこと」を意識して精一杯働いていれば仕事がなくなることは絶対にないと思います。

時代に合わせた働き方でさらなる飛躍を目指そう

今後なくなるであろう仕事となくならないであろう仕事を比較してみてもわかるようにこの先ますます創造力やクリエイティブ能力が求められる時代になりそうです。

さらにAIが進化していくのと同時に創造したことが実現するスピードも上がってきます。

自分の目標ややりたいことがある人には素晴らしい未来が待っています。

 

また、特にやりたいことがなくて日常に満足している人でも、今の仕事を一生懸命していればAIに仕事が奪われることはないと思います。

その場その場で働き方は変化していきますし、なくなった仕事がある分、新しく増える仕事もあります。

ただその変化に適応しながら、自分の働き方のスキルを高めていく事がこの先非常に重要になってくることは確実です。

 

コラム仕事
スポンサーリンク
タクパカをフォローする
タクパカブログ

コメント