招き猫は特徴によってご利益が違う!自分にあった招き猫の見つけ方をご紹介します!

神社

日本では招き猫を置いている家やお店などがたくさんあり、

とても縁起のいい猫として身近な存在ですが、

招き猫が上げている手が右手か左手か両手なのかで違いがあるって知っていましたか?

 

さらには色や大きさによっても違いがあるのです。

 

インテリアとしても可愛い招き猫を置いておくとご利益があるなんて、一石二鳥です。

 

一家に一匹招き猫を飼う事をおすすめするタクパカが、今回はあなたにあった招き猫を見つける手助けをさせて頂きます。

 

招き猫の歴史と由来をご紹介!

 

 

 

前足を高く上げた猫が幸運を呼ぶ、猫が福やお客を呼ぶという言い伝えは大昔からありましたが、現在のような形の招き猫になったのは江戸時代末期と言われています。

 

愛する猫を手放した老婆の夢枕に現れた、愛する猫のお告げに従って、老婆が今戸焼で猫の人形を作った。

それを浅草神社の側で売ったら大評判になって招き猫が広まったという浅草今戸神社が発祥の地と言われたり、

 

江戸藩邸に暮らしていた井伊直孝が、寺の門前で手招きする猫に助けられ、落雷から逃れたことがきっかけで招き猫が誕生したとされる豪徳寺など、

 

日本各地に様々な招き猫の説がありますので、本当のルーツは未だどこなのかははっきりしていません。

 

ただ、それだけ全国各地に招き猫の説があるという事は招き猫が幸運を呼ぶというのは本当のような気がします。

 

招き猫が上げている手の違い!

 

 

招き猫には右手を上げいる猫、左手を上げている猫、さらには両手を上げている猫まで様々なポーズをした招き猫があります。

実は招き猫が挙げている手によって、それぞれご利益の意味が違います。

招き猫が右手を上げている

右手が上がっている招き猫は雄猫です。

右手を上げている招き猫は金運を呼ぶといわれ、お金を招きます。

また右手を上げている招き猫は昼の客を呼ぶともいわれています。

招き猫が左手を上げている

左手が上がっている招き猫は雌猫です。

左手を上げている招き猫は人とのご縁を結ぶといわれ、人を招きます。

また左手を上げている招き猫は夜の客を呼ぶともいわれています。

招き猫が両手を上げている

右手と左手、両方の手を上げている招き猫は、『人』も『お金』も両方とも招いてくれるといわれています。

ただ、招き猫が両手を上げている姿が「お手上げ」に見えることから、欲張りすぎで縁起が悪いと嫌う方もいるそうです。

右手を上げてる招き猫も、左手を上げている招き猫もどちらも置きたい場合は、お互いの上げている手が外側にくるように飾るといいそうです。

招き猫の上げている手の高さ!

耳より高く手を上げている招き猫を『手長の招き猫』と呼びます。

上げている手が高ければ高いほど、いいご利益をうみ、遠くの方からも福を招くといわれています。

招き猫の色の違い!

招き猫の色はもともとは白と黒ぐらいだったのですが、最近では様々な色の招き猫があります。

それぞれの色によってご利益が違うので、色ごとにご利益をご紹介します。

白い招き猫

白い招き猫は運気上昇のご利益があるといわれています。

もっともメジャーで万事に福をもたらしてくれる開運招福の招き猫です。

黒い招き猫

黒い招き猫は家内安全・魔除け・厄除けのご利益があるといわれています。

悪いものから家内安全を守ってくれる守り神的な招き猫です。

赤い招き猫

赤い招き猫は病除け・健康長寿のご利益があるといわれています。

健康に気を使っている方は赤い招き猫を飾るといいかもしれません。

黄色い招き猫

黄色い招き猫は金運万来・金運繁栄のご利益があるといわれています。

風水では黄色は金運を呼ぶ色として有名です。

金色の招き猫

金色の招き猫は金運上昇・財運出世のご利益があるといわれています。

お店の繁盛を願って飾るのにぴったりの招き猫です。

ピンクの招き猫

ピンクの招き猫は恋愛成就のご利益があるといわれています。

可愛いピンクの招き猫でいいご縁を引き寄せましょう。

招き猫の日が存在した!

『9月29日』が招き猫の日です。

9=来る 2=ふ 9=く 929の語呂合わせから「9月29日」になりました。

招き猫の日は1995年に「日本招猫倶楽部」が制定した記念日です。

『9月29日』はいつも可愛くご利益を与えてくれる招き猫に感謝しましょう!

都内に幸運の招き猫電車があった!

出典:http://tetsudo-shimbun.com/headline/entry-1140.html

2018年3月31日までしか運行されていなかったので現在は運行されていないのですが、

世田谷線の三軒茶屋~下高井戸間で、玉川線開通110周年を記念してた『幸運の招き猫電車』が走っていました。

電車の正面が招き猫の顔になっていたり、車内のつり革が招き猫になっていたりと当時話題になっていました。

都内に招き猫の神社がある!

出典:https://imadojinja1063.crayonsite.net/

招き猫の神社といえば、台東区の今戸神社です。

冒頭の招き猫の歴史でご紹介したのですが、招き猫の発祥の地ともいわれている都内の神社です。

浅草寺から徒歩約15分の静かな場所にあり、石作りの招き猫カップル「なで猫」を待ち受け画面にすると幸せになると評判です。

神社の中にもたくさんの招き猫が飾られています。

縁結びや恋愛の神社としても人気のある神社です。

 

今戸神社

住所 東京都台東区今戸1-5-22

都営浅草線、浅草駅から徒歩15分

東京メトロ銀座線、浅草駅から徒歩15分

つくばエクスプレス、浅草駅から徒歩15分のアクセスとなっています。

都内に招き猫のお寺がある!

出典:https://ja.wikipedia.org

招き猫のお寺といえば、世田谷区の豪徳寺です

こちらも冒頭の招き猫の歴史でご紹介したのですが、招き猫の発祥の地ともいわれている都内のお寺です。

閑静な住宅街にある豪徳寺には1,000体以上の招き猫が奉納されています。

豪徳寺を散策しながら、招き猫の歴史を感じるのも楽しいかもしれません。

 

豪徳寺

住所 東京都世田谷区豪徳寺2−24−7

東急・世田谷線 宮の坂駅から徒歩5分

小田急電鉄 豪徳寺駅から徒歩10分のアクセスとなっています。

自分にあった招き猫の見つけ方!まとめ

 

日本中で愛されている招き猫には古い歴史があり、それぞれご利益にも違いがあります。

自分専用のお気に入りの招き猫を、または大切な人のお祝いにプレゼントする招き猫をお探しの際は是非参考にしてみて下さい!

あなたにぴったりの招き猫が見つかることを祈っています!

最後まで見て頂いてありがとうございます。

 

 

神社雑学
スポンサーリンク
タクパカをフォローする
タクパカブログ

コメント