【サウナ好き必見】サウナの種類、おすすめランキングベスト5!

サウナ

どうもサウナが3度の飯と同じぐらい好きなタクパカです!

サウナが3度の飯より好きって言っちゃうと、

じゃあ飯食わなくても大丈夫なの?って話になってきますので、

同じぐらい、もしくは飯の方が好きってことにしておきます。

 

いやちょっと待て!飯は生きるために必要だからなー好き嫌いの話でもなくなってくるのか?

じゃあサウナや温泉は生きるために必要じゃないのかってなってくるのか?

 

いや・・サウナも生きるために必要だけど、

飯は食べないと死ぬけど、サウナに行かなくても死なないぞ!

確かにサウナに行かなくても死なないけど・・

 

いや違う、僕はサウナや温泉に行かないと死ぬ!

てか生きる意味が薄れる!!

 

ってことで今回はそんな僕が大好きなサウナの種類を勝手にランキングをつけさせて頂きました。

 

サウナを知らない人に!とりあえずサウナとは?

 

フィンランド式の蒸し風呂です!

風呂といっても熱い熱いお部屋です!

 

入るサウナの種類によっても違うのですが大体60度から100ぐらいの熱いお部屋です。

とにかくサウナとは汗をかくための熱いお部屋です。

 

そのサウナ室で体を暖めて汗をかくことをサウナに入ると言います。

 

おすすめサウナの種類、ランキングベスト5!

 

サウナの種類をランキングにする意味ってあるのか?って話なんですけど、

 

『ないっす!!』

 

それにサウナって滅茶苦茶いっぱい種類があるわけでもないですし!

 

でも今回はランキングにするって決めたので、もう勝手にサウナの種類をランキング形式にしてみました。

 

それでは強制的におすすめサウナの種類ランキングをどうぞ!

 

第5位 塩サウナ(ソルティサウナ)

塩サウナとは

 

サウナ室に塩が盛られた壺などが置かれていて、その塩を身体や頭皮に盛ります。

そしてゆっくり20分ほど入ると塩が溶けてきて汗と共に皮膚の老廃物が流れていくという仕組みです。

 

塩サウナの温度はだいたい40~50度に設定されています。

 

リンパマッサージしながら待っているとさらに効果的です。

身体に負担が少なく初心者向きです。女性にも人気があります。

 

塩サウナの効果

 

塩の成分を利用して、低い温度でもデットクス効果 ダイエット効果 美肌効果が期待できます。

女性に人気なのも納得です。

僕の塩サウナに対する見解

 

サウナ室の温度が低いので、汗をかくまでに時間がかかります。

 

低い温度で身体に負担が少ないのはわかりますが、

塩に頼ってまで低い温度で汗をかくまで待っているのが僕には耐えれないです。

それなら、熱すぎて倒れそうな高温でクラクラになりたいです。

 

後、髭を剃った後に塩サウナの塩が髭を剃った肌に少しでも当たろうものならヒリヒリが止まりません!痛くてサウナどころじゃなくなります。

 

塩を肌に強く練り込むのも、肌荒れの原因になるのでご注意を!

 

第4位 スチーム(ミスト)サウナ

スチーム(ミスト)サウナとは

 

ボイラーで作った蒸気をサウナ室内に充満させて、高湿度な状態を作りだしています。その湿度は80%~100%に近い高湿度です。

 

スチームサウナの温度はだいたい40~60度に設定されています。

 

温度が低いので、体にかかる負担が少なくないのに、体のすみずみまで暖かくなりリラックスできるのが特徴です。

 

こちらも身体に負担が少なく初心者向きです。女性にも人気があります。

 

スチームサウナの効果

 

温熱効果により血行の流れが良くなり、

デットクス効果 ダイエット効果 美肌効果、さらに安眠効果が期待できます。

僕のスチームサウナに対する見解

 

スチーム・ミストというだけあって蒸気や湯気で温度を上げているので、部屋がムシムシしています。

 

こちらも低い温度で身体への負担が少ないのは分かりますが、長時間入るにはスチームやらミストが気になって仕方ないです。

 

蒸気が呼吸から身体に入っていくのが、今すごい蒸気飲んでるよね?ってなります。

 

あと、身体が蒸気で濡れているので、これ汗か?蒸気か?って訳がわからなくなります。

 

汗かいたなーって自分の汗の量に酔いたいのに、汗か、蒸気かわからなくなってモンモンとします。

 

もしサウナに入りに行って、サウナがスチームサウナしかないなら、そりゃ入りますけどって話です!

 

第3位 ロウリュウサウナ

ロウリュウサウナとは

 

ロウリュウサウナはサウナストーンという熱く焼けた石で温めた80度前後の中温多湿のサウナです。

 

ロウリュウサウナでは、そのサウナストーンに水やアロマ水をかけて蒸発させて、うちわやタオルで仰いで熱風を送るロウリュウサービスが普及しています。

 

その熱風によってかなりの高温を体感することができます。

 

この蒸気は相当熱く、結構パンチがあります。

 

ロウリュウサウナの効果

 

新陳代謝を促進、デトックス効果、疲労回復、ストレス解消

僕のロウリュウサウナに対する見解

 

あんまりロウリュウサウナを置いてるところがないんですよね!

 

熱風を送ってくれるサービスも時間が決まっているので、自由な時間に行ってタイミングよく熱風サービスを受けれることなんて滅多にないです。

 

なので前もって調べて熱風サービスを体感しに行かなければいけないので、そこが残念というか、仕方ないですね。

 

ただ、ロウリュウサービスを受けると高温すぎて、尋常じゃないぐらい汗をかきます。

前もって今日はロウリュウの日だーって決めて行くにはいいですね。

 

第2位 遠赤外線サウナ

遠赤外線サウナとは

 

人体にとても有益な3~1000ミクロンの波長のことを遠赤外線というそうです。その遠赤外線を発するサウナが遠赤外線サウナです。

 

温度は40度~80度程度と幅が広く、いくサウナによって温度が違いますがだいたい70度ぐらいのところが多いのかなと思います。

 

他のサウナの汗とは違い、べたつきにくいサラサラとした汗がでるのが特徴です。

赤外線サウナの主な効果

 

新陳代謝を促進、デトックス効果、 冷え性改善、肩こり解消、疲労回復

遠赤外線サウナに対する僕の見解

 

街の銭湯に多いイメージですね。

遠赤外線サウナはいいですよ!塩サウナやスチームサウナと格段に違うのは、蒸気などで息苦しくなることがないことです。

 

あと、ちゃんと自分のかいてる汗の量を確認できます。

今サウナに入ってるぞ!ってのが実感できます。

でもたまに低い温度の遠赤外線サウナもあるので、それは少し物足りなさを感じてしまいますね。

 

第1位 高温ドライサウナ

高温ドライサウナとは

 

一番王道な一般的なサウナです!まさにザ・サウナ!です!

 

高温ドライサウナの室温は80度〜110度ぐらいの湿度が10%程度の乾式サウナです。蒸気は使わないタイプのサウナのことをドライサウナといいます。

 

一応2位の遠赤外線サウナもドライサウナの中に入ります。

 

高温ドライサウナの効果

 

新陳代謝を促進、デトックス効果、 冷え性改善、肩こり解消、疲労回復

高温ドライサウナに対する僕の見解

 

高温ドライサウナがあると、よし!汗をかける熱いサウナがあるって安心します。

 

高温度ってところがいいんですよね!汗かきすぎて、もうこれ以上サウナ室にはいられない!もう無理!助けてくれー!って逃げるようにサウナ室を飛び出す限界がきます!

 

高温ドライサウナはその限界と戦うのが気持ちいいんです!

 

低い温度のサウナだとその限界がなかなか来なくて、無理やり自分で気持ちを高ぶらせていかないといけないのですが、高温ドライサウナだとその心配はないです。

つか高温ドライサウナで調子に乗らない方がいいです!危険です!!

 

あと、余計なものがないのもいいです!

 

ぶっちゃけ蒸気とか塩とかアロマとかいらないです!

 

だだ熱いだけの部屋がある!それだけ!シンプルでいいのです!

そら1位ですわな!って当然の結果です!!

 

番外編 まだ未開拓のサウナの種類

こちらはサウナの種類というか、変わり種の珍しいサウナです。恥ずかしながら全て未経験なので感想をお伝えできないのが残念です。

いつか体験してみたいサウナです。

ゴンドラサウナ

フィンランドにある世界一ユニークなサウナです。

ゴンドラで景色を楽しみながら目的地まで20分のゴンドラサウナを楽しめるそうです。

アイデアがヤバすぎる!!

サウナ観覧車

こちらもフィンランドにあるサウナなのですが、サウナ付きの観覧車です。

さすがサウナの本場フィンランドです。サウナに入りながら上空からの景色を楽しめるのだとか!いや凄すぎます。

まとめ・とにかくサウナは良いからみんな行こうよ!

 

今回のサウナの種類ランキングは勝手に僕が決めたランキングです。

 

もしサウナに興味があるなら、様々なサウナを試してみて、自分の好きなサウナを選ぶのもサウナの楽しみ方の一つです。

 

皆さんも様々なサウナを試して勝手にランキングをつけて僕に教えてください。

 

あと、そんな様々なサウナがある都内のおすすめスーパー銭湯もまとめているのでよかったらチェックしてみて下さい。

 

 

 

 

 

最後まで見て頂いてありがとうございます。

サウナ雑学
スポンサーリンク
タクパカをフォローする
タクパカブログ

コメント