田舎で暮らすって実際どうよ?田舎歴23年が語るメリット・デメリット

コラム

自慢できることではないですが、僕は自分探しを34年間続けているだけあって様々な土地を転々と渡り歩いてきました。

大きく分けると、田舎(和歌山)で23年間暮らして、東京で10年間暮らしました。(現在は海外)

一つの土地でずっと暮らしていく気持ちは語れませんが、様々な場所で暮らす経験については語れます。

今回は田舎で暮らすことについてスポットを当てて、実際田舎での生活ってどうなの?ということをご紹介したいと思います。

  • 田舎への引っ越し・移住を考えている人
  • 田舎で暮らすメリット・デメリットを知りたい人

よかったら参考にしてみて下さい。

田舎で暮らすメリットは結局自分次第

ぶっちゃけ、「田舎で暮らすっていいなー」と思えるかどうかは本人次第です。

自分がどのような環境が好きなのか?によって田舎生活のメリットは大きく変わってきます。

年齢によって田舎の魅力が変化する

 

田舎で暮らすことに魅力を感じるかどうかは年齢が大きく関わってきます。

 

若いうちは都会に対する興味もありますし、別の場所でチャレンジしてみたい気持ちも強いです。

 

でも歳をとってくるとやけに田舎の自然が恋しくなったり、混雑していないのんびりした生活に漠然と憧れたりしてきます。

 

年齢によって変化する考え方と共に田舎に対する魅力も変化します。

 

もし、自分の求めている生活スタイルが決まっているなら、僕みたいにその時々で住む場所を変えてみるのもありですよ。

 

僕の思うメリット・デメリット

実際に僕が思う田舎暮らしのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 優しい人が多い
  • 都会に比べると生活がのんびりしている
  • 自然に癒される
  • 物価が安い
  • ご飯が美味い

デメリット

  • 給料が安い
  • 仕事の種類が少ない
  • 車が必要
  • 刺激が少ない
  • 仕事終わりの一杯がない

メリット1.優しい人が多い

 

これも人によりますけど、田舎に限らず都会の人も優しいです。でも何故か田舎の人の方が優しく感じます。親切な人が多いんですかね。

 

田舎の方が人口は少ないですが、人と人との距離が近いです。ですので、ご近所との絡みが都会に比べて多いです。

 

困ったときは近所の人が助けてくれたりします。

 

都会だとアパートで隣の人の顔も見たことなかったですが、田舎ではまずないです。ただ、その分周りの人が興味を持っているので人と関わりたくない人は逆に都会の方が楽だったりします。

 

人と深く関わりたい人は田舎の方がいいかもしれないです。

 

メリット2.都会に比べると生活がのんびりしている

 

田舎の人が全員のんびりしているかと言えばそうでもないのですが、東京に比べるとのんびりしている印象をうけます。

 

実際に田舎の人は歩くスピードも遅いんじゃないかなと思いますが実際どうなんでしょうね。

 

都会の人は忙しくて時間に追われてる人が多い印象ですが、田舎だと時間と共存してる感覚がします。

 

通勤の時に混雑した電車に乗ったりATMの行列に並ぶことはあまりないですが、仕事って観点で見ると田舎も都会も忙しさは対して変わりません。

メリット3.自然に癒される

 

これが田舎暮らしの圧倒的メリットですね。こんな近くに山があるの?緑多い!とか都会から田舎に来るといちいち毎回感動してしまいます。

朝の光の眩しさが清々しいですし、夜には星が綺麗です。自然と一緒に人間らしい暮らしができます。

 

メリット4.物価が安い

 

東京に比べると家賃が激安です。

僕は東京でワンルーム5万のアパートの住んでいました。(東京だとかなり安い方の物件ですが)

しかし田舎だと5万出すと2LDKに駐車場付きの物件がゴロゴロあります。

 

さらに田舎の山奥の方になれば3万円ぐらいで一軒家を貸してくれたりとかも普通にありますよ。探せばもっと安い物件もあるかも。

安く住める場所は探せばいくらでもあります。

 

メリット5.ご飯が美味しい

 

そりゃ都会の方が有名な美味しいお店や、異国の料理だったり選択枠がいっぱいありますよ。

ラーメンだって東京の方が無数にあるし食べ歩きには困りません。

それでも、田舎のご飯が何故か美味しく感じます。

 

ご当地名物とかがあればそれは毎違いなく美味しいですが、同じご飯でも、東京で食べるより田舎で食べる方が美味しく感じるんです。

 

デメリット1.給料が安い

 

確かに物価は安いですけど、その分給料も安いです。ですので、物価の安さと給料の安さを考えるとお金の面はトントンです。

 

逆にお金だけを考えると上手く生活すれば都会の方が裕福かもしれません。

 

就く職にもよりますが、都会から田舎に転職を考えているなら年収がガクッと下がる覚悟はしておいた方がいいです。

 

デメリット2.仕事の種類が少ない

 

仕事の種類は都会に比べると圧倒的に少ないです。こだわらなければ仕事はありますが、なかなか見つけにくのが現状です。

 

次の仕事見つかるまでアルバイトしようかなと思っても東京感覚で気軽にアルバイトが見つかる訳でもないですし。

 

田舎で就職するのなら先に就職先を見つけておくか、一切のこだわりを捨てて仕事先を探す方がいいです。

 

デメリット3.車が必要

 

これは絶対ですね。車がないと何もできません。僕も東京から田舎に帰った時に直面する問題ですね。

僕の場合、少しコンビニ行くにも車がないと歩いて30分ぐらいかかります。遊びに行くにも仕事に行くにも絶対に車が必要です。

 

さらに車を買うと保険や維持費、ガソリン代がかかりますので都会では必要なかった出費が必要になります。

 

東京での電車代の方が遥かに安いです。アルバイトしても車の交通費は基本的に出ないですし。

 

デメリット4.刺激が少ない

 

ずっと田舎にいる人たちは刺激のなさに気づいていないのですが、東京から田舎に戻った時は「遊ぶところ少なっ!」って思いました。

 

東京だと四六時中どこかでアーティストのライブだったり、グルメフェスだったりイベントがいっぱいあって、休日平日共に探せば遊ぶところはいっぱいありますけど、田舎はそれがないです。

 

平日はマジで何もないですし、休日は大体の人がショッピングモールに行って買い物してます。

 

ただし、登山や釣りやキャンプなどアウトドアな自然の遊びが好きな人には田舎で退屈はしないです。

 

デメリット5.仕事終わりの一杯がない

 

仕事終わりに「今日は一杯ひっかけて帰る?」って仕事仲間と飲み屋によってサクッと飲むのが楽しみの人もいるかもしれませんが、田舎では基本的に仕事終わりに仲間と飲みに行くことはないです。

 

週末や休日に気合いを入れて行くことはあっても平日にサクッと飲みっていうのはまずないです。

 

みんな車通勤ですので、飲酒運転になるので飲めません。さらに飲んでしまうと代行運転を呼ばなければ行けなくなるので物凄く高くつきます。

 

お酒が好きな人は大体家で晩酌しています。家族がいてお酒をついでくる人がいればいいですが、独身ですと駅の近くの飲み屋が恋しくなりますよ。

 

田舎で暮らすメリット・デメリット まとめ

今回紹介した田舎で暮らすメリットやデメリットは完全に僕の意見なので、冒頭で述べた通り人によって感じ方が様々です。

 

自然が好きでのんびりとマイペースに生活していきたいなら田舎方がいいですね。

逆に悩んでいるのだったら、思い切って一度田舎に引っ越してみるのもありですよ。で合わなければまた都会に戻ればいいと思います。

多少のお金はかかりますが経験してみないと分からないこともたくさんあります。

コメント