会社の飲み会で必要なスキル10選!盛り上げたいならこのスキルを身につけろ!

会話術

社会人において飲み会は、自分の地位を確立する大切な場所であることは今も昔も変わりありません。

 

その飲み会を盛り上げるスキルを身につけて何の損もありません。

むしろ得しかありません。

 

「君がいると盛り上がる」そんな存在をいつの時代も求めているのです。

 

今回は会社の飲み会で必要なスキルを、タクパカオリジナル考案でご紹介したいと思います。

会社の飲み会に必要なスキル 注意点

  • 飲み会に参加したくない!
  • 飲み会を回避したい!
  • 飲み会を無難に乗り越えたい!
  • 飲み会を当たり障りなく過ごしたい!

という方にこのスキルは必要ありません。

  • 飲み会で盛り上げたい!
  • 飲み会で活躍したい!
  • そして先の未来に功績を残していきた!

そんな向上心のある人は是非このスキルを身につけて下さい。

 

この方法は常に全体に気を配らなければいけないので、

自分だけ酔っ払って楽しめる方法ではないのでご注意ください!

 

もはや飲み会で重宝されている方は

すでにやっている当たり前の事ばかりで、参考にはならないかもしれません。

 

盛り上げるためには、自分だけが楽しめればいいという考えは捨ててください。

全員で飲み会を盛り上げる必要があります。

 

飲み会を盛り上げる方法をご紹介

それではここからは向上心のある君に必要な会社の飲み会スキルをご紹介していきます。

 

スキルその1 自分のポジションを見極める!

 

自分がどのポジションに徹すると盛り上がる飲み会なのか?

を考える必要があります。

 

ボケる役なのか?ツッコミ役なのか?

気配りする役のか?よいしょする役なのか?

周りのメンバーの特性を理解して自分の立ち位置を決める必要があります。

 

一番少ない役割を補いながら飲み会を盛り上げましょう。

 

スキルその2 自分の飲めるお酒の量を把握しろ!

 

自分の飲める量以上のお酒を飲まないで下さい!

完全に酔っ払って訳が分からなくなって楽しいのは本人だけです。

 

あくまで自分は周りを楽しませるための存在、

そのことを念頭においてください。

 

スキルその3 先輩の武勇伝を聞き出せ!

 

その場の長、1番の先輩、上司を徹底的に立てましょう。

1番の先輩、上司が楽しんでいないとその会はもはや失敗です。

 

その先輩、上司に助けられたエピソードや、

尊敬する部分を惜しみなく伝えて下さい。

 

どんなことでも構わないです。

先輩、上司を褒めたたえながら、武勇伝を掘り起こすのです。

「どうしてそんなに売り上げを上げれるのですか?」

など仕事の具体的な質問をしてみても武勇伝は引き出せます。

 

先輩、上司を気持ちよくしてください!

 

スキルその4 後輩の武勇伝を聞き出せ!

 

自分が一番下なら構いませんが、後輩も放置していてはいけません。

 

後輩のいいところも褒めて上げてください。

 

後輩が気持ちよくなりすぎて調子に乗ってきたら、

「ええ加減にせんかい!」とツッコンであげれば

後輩を注意しながら一笑いの完成です

 

そのあと後輩に耳元で小さく「無理して飲むなよ!」と優しく声をかけてあげて下さい。

 

スキルその5 下ネタは後輩に言わせろ!

 

はっきり言って下ネタは盛り上がります。しかし度を越した下ネタはNGです。

自分が率先して下ネタを言うのも危険です。

時代が時代なのでセクハラになります。

そんな時は後輩に任せましょう。

 

一番ノリの良さそうな後輩の初恋の話を聞きながら、

ソフトな下ネタを引き出してください。

 

そこから周りの反応を見て、

どの程度の下ネタがウケるのか判断した上で

下ネタのボーダーラインを決めてください。

そのボーダーラインギリギリの下ネタが一番盛り上がる下ネタになります。

 

スキルその6 ウンチクは語るな!

 

会話の途中で自分の得意分野の話題になったとしましょう。

そこで得意げにウンチクを語るのはやめてください。

 

自分が気持ちよくなるのは一番危ないです。

 

自分の得意話は中毒性があるので、

お酒の作用もあって自慢話や武勇伝が止まらなくなる可能性があります。

 

そうなったら今までの努力は水の泡です。

盛り上がってるのは本人だけの寒いパターンは避けましょう。

 

スキルその7 ふられた質問にはちゃんと答えろ!

 

もし、誰かが興味を持ってきて質問してきたら、それには答えてあげてください。

真面目に答えてもいいですし、質問次第ではふざけてもいいです。

 

ただしこちらも長々と話すのはやめてください。

 

その8 自分の話をするときは悩み相談にしろ!

 

自分の話をする時はソフトな悩み相談がおすすめです。

飲み会で健全に盛り上がるのは悩み相談です。

 

あまりに重たい悩み相談は飲み会には適さないですが、

ソフトな悩み相談は絶好の酒の肴です。

 

どんなことでもいいです。

「最近独り言が増えたこと」とか日常的な小さな悩みを見つけて相談してみてください。

 

スキルその9 共通の思い出話を探せ!

 

みんなが知っている共通の思い出があれば最強です。

その話をとことん広げていけば盛り上がります。

 

みんなの共通の思い出話なら

何回も話したことがある内容でも大丈夫です。

 

会話を盛り上げるために少し話を盛ってもいいかもしれません。

 

自分の失敗談を自分から話す分には問題ないですが、

人の失敗談を突くのはやめたほうがいいです。

 

スキルその10 喋ってない人にあいずちだけでももらえ!

 

もしその場に楽しくなさそうな人や、

喋ってない人がいたら、

あいずちだけでもいいので、会話をふってあげて下さい。

 

飲み会のメンバーの中に全員をカットインさせるのです。

 

その人が会話が苦手そうなら、質問はやめてあげて、

「ね?」ぐらいのアイコンタクトでも十分です。

 

とにかく全員が参加していることが重要です。

 

結局のところ一番必要なスキルはこれだ!!まとめ

今回はタクパカオリジナル考案の会社の飲み会で必要なスキルをご紹介しました。

結局のところ、

今回ご紹介した会社の飲み会で必要なスキル10選をまとめると

空気を読むことが大切ですよという話です。

 

最初の注意点で説明した

  • 飲み会に参加したくない!
  • 飲み会を回避したい!
  • 飲み会を無難に乗り越えたい!
  • 飲み会を当たり障りなく過ごしたい!

このような人は飲み会に参加する前から、

飲み会をやろうという空気を乱してます。

 

空気を読む方法がわからない人は、

紹介したスキル10選を身につけていけば、空気が読めるようになります。

 

どのような場面においても

周りの空気を読んで必要なものを瞬時に判断するのは大切なことです。

 

このスキルを身につけている方は飲み会の場以外でも、すでにトップクラスのビジネスマンだと思います。

 

 

最後まで見て頂いてありがとうございます。

 

会話術雑学
スポンサーリンク
タクパカをフォローする
タクパカブログ

コメント