集中力を高めるポモドーロ・テクニックを最大限に活用する方法

おすすめ紹介

 

勉強に仕事に何をするのにも集中力が必要ですが、時にはなかなか集中出来ない時もあります。

 

僕もやろうとしたら眠くなります。

 

そんな時に効果的に集中できると話題のポソモード・テクニックをご存知でしょうか?

 

僕も実際にブログを書いたり、クラウドワークスで作業する時に活用している方法なのですが、ポモドーロ・テクニックを使うと集中力が高まっている事を実感しています。

 

それはいい事を聞きました!

 

なかなか集中力が続かない人、今以上に集中力を高めたい人は参考になるはずです。

 

集中力を高めるポソモード・テクニックとは?

 

 

起業家のフランチェスコ・シリロ氏が考案した集中方法なのですが、

 

一言でいうと、25分作業をして5分休憩をする。これを繰り返して生産性を高めるテクニックです。

 

  • 1ポモドーロ(25分)1つの作業だけに集中する
  • 1ポモドーロ(25分)たったら、5分の休憩をとる
  • 4ポモドーロ(2時間)で30分の長い休憩をとる

 

というかこれだけです!非常にシンプルで簡単です。

 

 

25分集中して、5分休憩を繰り返すだけ。実に簡単ですね!

 

長時間の集中は長い目でみると非効率だったりします。

 

人によって集中できる時間の差はありますが、基本的に人間は長時間、集中力を保てないようになっています。

 

さらに集中力が一度落ちてしまうと、次に集中するのが難しくなります。

 

次に同じだけ集中しようとするとかなりのエネルギーと時間を必要になるのです。

 

しかしポモドーロ・テクニックを利用すると・・

 

集中する時間を25分という短い時間に設定されているので、集中力が落ちる前に一度休憩を挟みます。

 

25分だと物足りない感じがしますが、強制的に休憩をとります。

 

結果、スタート時のエネルギーの負担を軽減して長時間の集中状態を保てるようになります。

 

 

小刻みに休憩を入れることで、集中が途切れない!すごい発明ですね!

 

さらに・・

 

ポモドーロ・テクニックは、時間に制限をつけることで締め切り時間を意識します。

 

締め切りを意識することで、適度な緊迫感が発生し脳を活性化させ集中力を高めることが出来るのです。

 

作業を終わらす時間を決めていないとどうしてもダラダラ作業をやってしますが、ポモドーロ・テクニックを使えば時間に追われるのでダラけることは無くなります。

 

ポモドーロ・テクニックで非常に重要なのは時間は守ることです!

 

  • 1ポモドーロ(25分)1つの作業だけに集中する
  • 1ポモドーロ(25分)たったら、5分の休憩をとる
  • 4ポモドーロ(2時間)で30分の長い休憩をとる

 

どれだけ集中力が高まっていても必ず25分で休憩をとる。

休憩は必ず5分で終わる。

4セット行ったら30分の休憩をとる。

 

この時間管理を正しく行わないとポモドーロ・テクニックの意味がありません。

そのためにもタイマーを利用するのは必須です。

 

 

よし!僕もタイマーを用意しよう!

 

ポモドーロ・テクニック用のアプリもありますが、作業中はな携帯の電源を切る方が集中力が高まりますので、タイマーを使用する方がいいかなと思います。

 

 

 

ポモドーロ・テクニックを最大限に活用する方法

 

 

ポモドーロ・テクニックだけでも十分に集中できるのですが、その集中力を最大限に高めるための方法をご紹介します。

 

1.集中力が高まる時間帯に合わせると効果が上がる

 

ほとんどの人は朝に集中力が高まります。

なので、大半の人はがっつり集中して作業したいことがある場合は朝の時間にポモドーロ・テクニックを使うのがおすすめです。

 

中には夜の方が集中力が高まる夜型の人もいます。そんな方は夜でもOKです。何より大切なのは自分の一番集中できる時間帯を把握しておくことです。

 

2.何をするのかを明確にしておく

 

タイマーをスタートして「さあ何をしようか」と考えていては当然ですが、

効率よくポソモード・テクニックを活用することができません。

 

25分間に何をするのかを明確にしておく必要があります。

 

何をするのか細かいスケジュールを前もって用意しておきましょう。出来れば、寝る前に明日のやる事を考えておくのが理想的です。

 

 

個人的にはスケジュールやタスクを書くときは手書きの方がいいですね。

 

3.作業に必要なものは前もって用意する

 

  • 紙とペンが必要ならテーブルの上に置いておく
  • 途中でコーヒーが飲みたくなりそうなら前もって用意しておく

 

途中で必要なものを取りに行ったりしないで良いように、作業を行う前に全て身の回りに用意しておく必要があります。

 

4.25分間は邪魔されないようにする

 

  • 携帯の電源を切る
  • 誰にも声をかけられない環境を作る

 

集中を邪魔する要素を全て排除する必要があります。

25分間は非常に短いので、その時間は絶対に気が散らないようにしないといけません。

 

ポモドーロ中って張り紙を貼っておこうかな!

4.25分は決めた1つの事だけに集中する

 

例えば、ブログを書くなら、最初の25分は見出しと導入だけを完成させるなど、

 

1ポモドーロ(25分)は決めた1つのことだけにフォーカスするようにします。

 

あれもこれもと、まとまりのない作業をすると集中力が錯乱してポモドーロ・テクニックの効果を感じにくくなります。

 

休憩時間の使い方も重要

 

ポモドーロ・テクニックは「休憩時間をどのように過ごすか」で次の25分の集中力が変わってきます。

 

次の25分の集中力をさらに高める理想の休憩はこちらです。

  • 音楽を聞く
  • 本を読む
  • 呼吸に意識を向ける
  • ストレッチをする

 

こちらはやめた方がいい休憩時間の過ごし方です。

  • スマホを見る
  • SNSをチェックする
  • 携帯のゲームをする

 

5分の休憩時間はなるべく集中力を使わない、ストレッチや歩くなど全く別の行動をしましょう。

 

まとめ

 

 

なかなかやる気が出ない。集中力が持たない。

僕はそんな時にポモドーロ・テクニックを使ったら驚くほど集中できました。

 

人によっては向き不向きもありますが、やってみる価値はありますよ。

 

コメント